高気圧酸素カプセル/カプセル陶板浴の製造・販売・メンテナンス|アスリートを応援し続けるエア・ウィンズ

048-578-8350

受付時間:平日9:30 ~ 18:00

その他関連商品ダブル水素ボトル(水素ガス&水素水)製品紹介の一覧を見る

水素は「飲む」から「吸入」する時代へ

携帯充電式 水素ガス吸入&水素水飲水生成器

どこにでも持ち歩けて好きな時にできたての水素が生成できるボトル
ダブル水素ボトル®

水素を体内に取り入れる方法は「吸入」「飲用」「浸透」があります。その中でも「吸入方法」により水素を取り入れる方法が直接摂取となり一番効果的です。「水素ガス吸入で約3分」ぐらいで体内に行き渡るというデータが医療機関で出ています。 (注意:個人差があります)
水素ガスが今、注目されている理由がここにあります。

  

水素の生成方法(特許生成方式)

独自の電気分解方式で水素発生電極の陰電極と陽電極の間を高分子膜で仕切り陰電極側に水素ガス、陽電極に酸素ガス別箇に発生させ容器内の水は水素ガスのみの状態になり、高濃度の水素を生成することができます。陽極側に貯めた酸素ガスはO3となり水素生成完了時に容器を傾けることで一気に容器から放出されます。他社製品には容器の下部の一面上に陰極と陽極があるため極間で水素ガス、酸素ガスが同時に発生し,容器内で再結合が生じるため高濃度の水素の生成はできません。ダブル水素ボトルは、水素ガスのみの状態になり、高濃度の水素ガス・水素水を生成することができます。

  • 水素ガス濃度10,000ppm 以上(即生成30 分吸入の連続使用可能)
  • 溶存水素水濃度1,000~1,300ppb(僅か3 分30 秒超スピード生成)
  • ボトルを置くだけのワイヤレス充電(最大4時間充電)
  • 電気分解式(特許生成方式)なので水を入れるだけ
  • スリムで携帯に便利

水素ガス濃度測定画像
水素ガス濃度計測時、水素ガス濃度10,000ppm以上に。


水素水濃度測定画像
水素水溶存濃度はppbで表示しています。


日本水素水振興協会・優良製品推奨証

水素商品を選ぶ重要なポイント

  • 水素ガス吸入時の水素ガス濃度
  • 水素水飲用時の水素水溶存濃度
  • 第三者機関で水素濃度が証明さてれいる商品
  • 機能性とコスト

水素生成方式による効果の違い

商品仕様

型式

AWH003-W

充電器電圧

DC12V

定格電圧

DC7.4V

容量

300cc

生成時間

水素水 3分30秒/水素ガス 30分

溶存水素濃度

1,000 ~ 1,300ppb

水素ガス発生量

10,000ppm 以上

満充電時生成回数

水素水40回/水素ガス4回

使用温度範囲

O℃ ~ 40℃

本体重量

205g

寸法

φ60×L197mm

  • 一般の水道水は塩素反応により耐久性能が低下します。浄水した水や一般のミネラルウォータをお使いください。
  • ダブル水素ボトルで生成した水素水は中性で誰でもが飲用出来るようにと考えて作られておりますが、病気加療中や妊娠中など医師より水分摂取を制限されている方は医師に相談してください。
  • 末永くご愛用頂くためにアフターサービスの体制を整えています。本商品は改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 特許取得済(特許第5514140号、登録第3175997号)
  • 日本水素水振興協会 推奨優良商品

その他製品(取扱製品一覧)